スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.09.03 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    私の対局から:タケフかオサエか

    0
      下図は、私の対局で生じたものである。

      【テーマ図】
      テーマ図
      ↑右辺の黒一団が死んでいるので、このまま終わると白が勝つ。
      黒が「最後のお願い」で△と打ってくるとどうなるだろうか。

      【参考図1】
      参考図1
      ↑もし、白が1と押さえると黒2と放り込まれて大変なことになる。

      【参考図1(続き)】
      参考図2
      ↑白1とつぐと、黒2と打たれて白の方が全滅する。大逆転である。

      【正解図】白1とタケフでつながるのが正解。黒2と出られても白3で大丈夫。
      正解図
      今回に限らず、だめ詰まりは怖い。


      JUGEMテーマ:囲碁




      囲碁の記録:井山vs張栩の番勝負(2018年11月時点)

      0
        昨日(2018年11月2日)張栩が井山から名人位を奪取した。

        これで、井山vs張栩との番勝負は9回である。

        井山が6回、張栩が3回勝っている。

        その9回の内訳は・・・
        ◎棋聖戦
        2013 井山4−2 張栩
        2011 張栩4−2 井山

        ◎名人戦
        2018 張栩4−3 井山
        2009 井山4−1 張栩
        2008 張栩4−3 井山

        ◎王座戦
        2013 井山3−1 張栩
        2012 井山3−0 張栩

        ◎十段戦
        2012 井山3−1 張栩
        2011 井山3−2 張栩

        簡単に言うと、七番勝負は3−2でやや張栩が押していて、五番勝負は井山が4−0で一方的に押しているということになる。

        「対井山」ということに絞れば、五番勝負は捨てて七番勝負に的を絞るのが、張栩にとっては良い選択といえるかもしれない。

        もっとも、プロ棋士たるもの、棋戦にかかわらず最善を尽くすものなのかもしれないが。

        JUGEMテーマ:囲碁



        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        282930    
        << June 2020 >>

        categories

        search this site.

        アクセスカウンター

        links

        selected entries

        archives

        recent comment

        profile

        PR

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM