Page: 2/86  << >>

スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - | - |

    囲碁・杉内雅男九段が死去、97歳。
    0
      2017年11月21日、杉内雅男九段が肺炎で死去した。97歳。

      記事によると、11月2日の対局(vs小山栄美六段戦)が最後の対局ということだから、頭脳の方は死ぬ直前までしっかりしていたということだろう。すごいことだ。

      棋士としても、一人の老人としても達人であった。合掌。

      JUGEMテーマ:囲碁



      | igoshogi | 01:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

      囲碁・王座戦第3局も井山勝ち。3連勝で王座防衛
      0
        先ほど知ったのだが、昨日(11月20日)に王座戦第3局(挑戦者は一力)が行われ、白番の井山が中押し勝ちしたらしい。

        これで3連勝で井山が防衛である。

        ↓これが投了の図。右辺と中央の黒石がどちらも取られていて、挽回不可能な状態である。

        王座戦3 井山勝ち

        ↑井山の次のタイトル戦は天元戦(相手はこれも一力、すでに2連勝)と来年初めの棋聖戦(相手は、これも一力)である。一力挑戦者の奮闘が期待される。

        JUGEMテーマ:囲碁



        | igoshogi | 05:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

        囲碁・井山が世界戦で決勝進出
        0
          2017年11月15日に、LG杯準決勝が東京で行われ、井山が中国の柯潔九段に黒番中押し勝ちして、決勝に進んだ。

          決勝の相手は中国の新鋭・謝爾豪五段(19歳)である。

          28歳の井山にとって、世界一のチャンスは今後それほど多くない。是非勝ってほしい。

          決勝三番勝負は来年の2月に行われる予定。

          決勝戦の対局場所は、恐らく韓国だろう(韓国主催だから)。

          JUGEMテーマ:囲碁



          | igoshogi | 03:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

          日馬富士の暴行事件について
          0
            日馬富士が貴乃岩に対して暴行事件を起こしたことが、世間の話題になっているようだ。

            北海道札幌市の弁護士のタクシーでの暴行もそうだが、お酒には気をつけなければならない。

            下手をすると、覚醒剤と同じくらいに社会に害をもたらしているのかも。

            さて、今回は自分の囲碁対局を紹介する。私が黒番である(互先)。

            【問題図】
            ↓黒(私)が1と打ったところであるが、非常に危険な手で、敗着になってもおかしくなかった。
            20171116問題図

            【参考図1】
            20171116参考1
            ↑白1から白3までと打たれると、左上と中央の黒が分断されてしまう。
            黒は黒4と放り込んで、コウになるのだが、これでは黒がかなりまずい。

            【参考図2:実戦はこうなった。黒は命拾い】
            20171116参考2
            ↑ところが実戦は、白は1とコスんだので、黒は2とつながって命拾いした。

            【参考図3:黒はこう打つべきだった】
            20171116参考3
            ↑問題図に戻ると、黒は1と打っておくのが良かったし、そう打つべきだった。
            実戦の結果は黒(私)に幸いしたが、それは単に運が良かっただけのことである。

            JUGEMテーマ:囲碁

            | igoshogi | 19:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

            囲碁・第42期名人戦は井山が4勝1敗で名人を奪回。再び7冠王
            0
              10月16日と17日に行われた第42期名人戦第5局は井山が黒番中押し勝ちをおさめ、通算4勝1敗で名人位を奪回した。

              序盤から中盤にかけて、黒番(井山)が左上の大石を豪快に捨ててなおかつ勝つという、私からすれば「見て面白い碁」であった(内容は難しいのだろうが)。

              第5局は高尾(白番)もかなり頑張ったと思うのだが、166手目あたりでミスがあったのかもしれない。

              まあ、40代になるとミスは増える。これは、名人だろうとアマだろうと変わらないだろう。

              今後井山から名人を奪うとすれば・・・やはり、今の10代20代に奮起してもらうしかないか。

              JUGEMテーマ:囲碁



              | igoshogi | 07:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

              Calendar

                12345
              6789101112
              13141516171819
              20212223242526
              2728293031  
              << May 2018 >>

              Category

              アクセスカウンター







              人気ブログランキングへ
              にほんブログ村 その他趣味ブログ

              Entry

              Link

              archives

              Profile

              Search

              Comment

              Feed

              Others

              無料ブログ作成サービス JUGEM

              PR

              Mobile

              qrcode