『翻訳地獄へようこそ』(宮脇孝雄)

0
    翻訳地獄へようこそと言う本を読んでみた。私も時々翻訳の仕事を引き受けているので、少し興味を持って読んでみた。

    一読した限りでは、それほどには私の参考にならなかった。(一読した限りでは)

    この本の中身が文芸翻訳中心だったのもあるが、なんといっても
    この本を面白く読めるほど、私の英語のレベルが高くない
    のが最大の原因だろう。

    この本を読んで、一番痛感したのはもう一つ「外国語の勉強以前に、日本語の本をたくさん読まなければいけない」ということだ。

    ともあれ、この本が私の血となり肉となるには、もう少し私のレベルを上げる必要があるだろう。

    JUGEMテーマ:読書




    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    categories

    search this site.

    アクセスカウンター



    links

    selected entries

    archives

    recent comment

    profile

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM