Entry: main  << >>



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ

将棋・名人戦第6局は佐藤天彦の勝ち。佐藤4勝2敗で名人防衛
0
    昨日(2018年6月20日)、名人戦第6局(佐藤天彦vs羽生、前者が先手)の決着が付き、佐藤が勝って通算4勝2敗で名人を防衛した。3連覇だったと思う。

    私は昨日は、午前からお昼過ぎまで、ニコニコ動画で時々見ていた。夕方に家を出て、帰宅したのは夜の9時過ぎであった。

    だから、勝敗の分かれ目については何も知らない。羽生が投了した瞬間は見ていたが。

    天彦が名人を三連覇したのは素晴らしいことだが、天彦が第一人者とは思いにくい。

    現在(2018年6月21日)、公式8タイトルの保持者は以下の通り。
    竜王:羽生
    名人:佐藤天彦
    叡王:高見
    王位:菅井

    王座:中村(太)
    棋王:渡辺(明)
    王将:久保
    棋聖:羽生
    羽生が2冠だがあとは1冠ずつである。

    私見だが、現時点で「第一人者」と言える棋士はいない。

    「名人+竜王」或いは「8タイトルのうち3冠」であれば、「まあ、第一人者といっても良いかな」と思うのだが。

    ところで、昨日のニコニコ生放送の解説は渡辺明であった。私は彼の解説が大好きなのでとてもうれしかった。

    午前中にサッカーの話題になって、日本vsコロンビアの試合(2−1で日本勝ち)について、彼は以下のようにコメントしていた。
    ・前半のコロンビア選手のハンドについては、あの判定は妥当である(渡辺は4級審判員をしたことがある)。
    ・コロンビアの選手が退場して日本が11人、コロンビアが10人になった。これは将棋で言えば「飛車落ち」みたいなものなので、これで日本が勝てなければ困る。
    ・退場なしで「日本1−0コロンビア」の状況であれば、「香車落ち」くらいなので、まだまだ試合はわからなかった。
    今後のタイトル戦でも渡辺の解説をたくさん聞きたい。

    ところで。渡辺は名人を取れずにキャリアを終えるのだろうか?

    JUGEMテーマ:将棋

    | igoshogi | 05:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - |



    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 その他趣味ブログ

    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | 05:32 | - | - | - |
      Comment








      Trackback

      Calendar

          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>

      Category

      アクセスカウンター



      Entry

      Link

      archives

      Profile

      Search

      Comment

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      PR

      Mobile

      qrcode