Entry: main  << >>

「人には人それぞれの長所がある・・・」(山岡荘八「徳川家康 18」より)
0
    山岡荘八作「徳川家康」(講談社文庫全26巻)の第18巻は「関ヶ原の巻」である。

    この巻の主役は家康ともいえるし石田三成とも言える。個人的には、16巻から18巻までは徳川家康と石田三成のダブル主役と言っても良いと思う。

    さて。第18巻の中に「石田草」という章がある。

    この章では、関ヶ原の戦の直前の石田三成が心に抱いた不安と自省がよく書かれている。

    人には人それぞれの長所がある。それに目が届かず、他人の短所と自分の長所を見比べるところから相手への不信と卑しめを湧かせていたのだったら何うであろうか・・・。


    自分を振り返ってみて、心が痛くなるような文であった。

    JUGEMテーマ:読書



    | igoshogi | 13:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | 13:05 | - | - | - |
      Comment








      Trackback

      Calendar

           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      Category

      アクセスカウンター







      人気ブログランキングへ
      にほんブログ村 その他趣味ブログ

      Entry

      Link

      archives

      Profile

      Search

      Comment

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      PR

      Mobile

      qrcode