Entry: main  << >>



『セリヌンティウスの舟』(光文社文庫)
0
    評価:
    価格: ¥ 534
    ショップ: 楽天ブックス
    コメント:一読にとどまらず、二読してほしい小説だと思います。

    『セリヌンティウスの舟』(光文社文庫)を読んだ。

    ・米村美月が自殺した。残されたのは5人の友人である。

    ・この5人のうちの「誰か」が美月の自殺を幇助した。誰が?何の為に?

    ・そもそも、なぜ美月は他人に自分の自殺のほう助を依頼したのか?

    ・なぜ美月は自殺したのか?

    ・5人の友人が議論を戦わせるが、真実はなかなか見えてこない。

    ・終章を読み終わって、それまでに描かれたいくつかの何気ない動作や言葉が重要な意味を持っていたことに気づく。

    ・出来るのであれば、一読ではなく二読してみたい小説である。

    JUGEMテーマ:読書



    | igoshogi | 00:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - |



    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | 00:17 | - | - | - |
      Comment








      Trackback

      Calendar

          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>

      Category

      アクセスカウンター

      Entry

      Link

      archives

      Profile

      Search

      Comment

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      PR

      Mobile

      qrcode