Entry: main  << >>



放哉と山頭火: 死を生きる (ちくま文庫)
0
    評価:
    渡辺 利夫
    筑摩書房
    ¥ 864
    (2015-06-10)
    コメント:お酒の飲みすぎには気をつけよう。
    Amazonランキング: 76134位

    自由律俳句を代表する2人の俳人、放哉と山頭火。

    2人とも、流浪と孤独と貧困の俳人であった。

    でもこの本を読んでいると、「ほんとは2人とも寂しかったんじゃないのかなあ」と思わないでもない。

    あと、お酒には気をつけよう、と思った(もっとも、私は普段あまり酒は飲まなくなっているけど)。

    特に放哉は、酒によって、人生をだいぶん狂わされていると思う。

    JUGEMテーマ:読書



    | igoshogi | 01:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - |



    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | 01:47 | - | - | - |
      Comment








      Trackback

      Calendar

          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>

      Category

      アクセスカウンター

      Entry

      Link

      archives

      Profile

      Search

      Comment

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      PR

      Mobile

      qrcode