Page: 1/114   >>



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ

将棋・王座戦第2局は斎藤の勝ち。これで2連勝。中村王座はピンチ。
0
    王座戦中継サイトはこちら

    棋譜はこちら

    中継ブログはこちら

    私は投了直前から、見ていた。

    ↓中村王座投了の瞬間
    王座戦投了

    ↓投了直後の2人。
    投了直後

    斎藤王座まであと1勝。しかし、5番勝負なので、次に中村が勝つと、もうわからなくなる。

    第3局は10月2日、宮城県仙台市「仙台ロイヤルパークホテル」にて行われる。

    JUGEMテーマ:将棋



    | igoshogi | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - |



    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 その他趣味ブログ

    将棋・竜王戦の挑戦者は広瀬八段に決定。
    0
      竜王戦中継サイトはこちら

      棋譜はこちら

      中継ブログはこちら

      9月6日に、竜王戦挑戦者決定戦第3局が行われ、広瀬が勝ち、通算2勝1敗となり、挑戦者に決まった。

      羽生vs広瀬の七番勝負は過去2回(いずれも王位戦)あり、いずれも羽生が勝っている。

      年齢を考えると、今度ばかりは広瀬が有利と思うが、どうだろうか?

      竜王戦七番勝負第1局は、10月11日及び12日に行われる。

      JUGEMテーマ:将棋



      | igoshogi | 15:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - |



      人気ブログランキングへ
      にほんブログ村 その他趣味ブログ

      将棋・王座戦第1局は斎藤挑戦者の勝ち
      0
        王座戦中継サイトはこちら。

        棋譜中継はこちら。
        中継ブログはこちら。

        私は、動画中継で21時30分頃から終局までを見ていたが、熱気が画面から伝わってくるようだった。

        王位戦(豊島vs菅井)と同様、20代同士の対決である。時代は確実に流れている。

        JUGEMテーマ:将棋



        | igoshogi | 04:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - |



        人気ブログランキングへ
        にほんブログ村 その他趣味ブログ

        将棋・王座戦挑戦者決定戦は斎藤慎太郎七段の勝ち。5番勝負は中村vs斎藤の組み合わせ。
        0
          王座戦中継サイトはこちらから

          棋譜はこちらから

          先手の斎藤七段が117手までで勝利を収めた。

          棋譜中継によると、88手目(6七と)が問題だったようで、ここで「7四角」と指していれば、後手(渡辺)が優勢をキープしていたらしい。

          渡辺のミスよりも、そのミスを逆転勝ちに結びつけた斎藤七段をたたえたい。

          これで中村太地王座vs斎藤七段の組み合わせとなった。

          羽生世代も渡辺もいない組み合わせが続く(王位戦は菅井vs豊島)が、これも時代の流れだろうか。

          なお、2018年4月以降の番勝負は以下の通り。
          名人戦:佐藤(天)4−2 羽生→佐藤が防衛

          棋聖戦:羽生2−3豊島→豊島が奪取

          王位戦:菅井1−1豊島(進行中)

          王座戦:中村(太)0−0斎藤

          竜王戦:羽生vs[深浦・三浦・久保・広瀬のいずれか]

          王将戦:久保vs???

          棋王戦:渡辺vs???

          ところで。

          7月26日に、オウム死刑囚の死刑執行(6人)が再び行われた。前回の7人とあわせると13人ということになる。

          「事実が完全解明されていないのに死刑執行とはけしからん」とおっしゃる人もいるようだが、関税解明するまで執行できないのであれば、いつまでたっても執行できないことになる。ただでさえ、過去の完全解明は難しいのに、これだけの大がかりな事件「群」(1つや2つの事件ではない)を完全解明するのは極めて困難であると私は考える。

          よって、どこかで線引きを行って死刑執行をしていくのはやむを得ないと考える。

          それにしても、法務大臣はよく決断したものだ。法務大臣の判断に関しては賛否両論あろうが、私としては法務大臣の判断と決定を尊重したい。

          JUGEMテーマ:将棋

          | igoshogi | 03:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - |



          人気ブログランキングへ
          にほんブログ村 その他趣味ブログ

          将棋・第88期棋聖戦5番勝負は豊島挑戦者が3勝2敗で棋聖を獲得。羽生は防衛ならず。
          0
            棋聖戦中継サイトはこちら。

            棋譜中継はこちら。

            中継ブログはこちら。

            5番勝負の最終局は7月17日に行われ、108手までで豊島が勝った。これで豊島の3勝2敗となり、念願の初タイトルとなった。おめでとう。

            2010年度の王将戦挑戦(豊島2-4久保)以来、何度かタイトルに挑戦しながらタイトルを手にすることができなかった。10代の頃から将来を嘱望されていた彼にとっては、辛い時期もあったとは思うが、よく腐らずに頑張ったものだと思う。

            タイトルは、才能ある者が努力を継続して取るものなんだとつくづく思う。

            豊島は王位戦七番勝負も戦っている最中である(現時点で、豊島0−1菅井)。これをバネにして、王位戦でも調子を上げていくのだろうか?

            羽生に関しては、私からは特に言うことは無い。28歳の豊島に47歳の羽生が一歩及ばなかったということだ。

            奪われたタイトルは、再度挑戦して奪い返すことはできるが、今の羽生にそれができるかどうか・・・。今後の羽生にも注目である。

            ともあれ、フルセットを戦い抜いた両者は、お疲れ様である。

            JUGEMテーマ:将棋

            | igoshogi | 02:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

            Calendar

             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << October 2018 >>

            Category

            アクセスカウンター



            Entry

            Link

            archives

            Profile

            Search

            Comment

            Feed

            Others

            無料ブログ作成サービス JUGEM

            PR

            Mobile

            qrcode