Page: 1/88   >>



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ

詰め碁は大事
0
    マイナビ 天頂の囲碁7 Zenの中には「ひとめの詰碁」というコンテンツが入っている。レベル1からレベル3まで各100問である。

    私はレベル1しかやったことはない。

    曲がりなりにも私は「アマチュア6段」である。

    しかし、レベル1の正解率は9割あるかどうかである。

    10問に1問間違える、となると「まあまあこんなもんかな」と思う。

    しかし「100問に10問間違える」と考えると、私の詰碁の実力は相当低いものと感じざるを得ない。

    本屋に行って、初心者向け詰碁集でも買ってみようかな。

    JUGEMテーマ:囲碁



    | igoshogi | 13:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - |



    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 その他趣味ブログ

    囲碁:碁聖戦で許家元七段が3連勝で井山から碁聖を奪取
    0
      8月3日の対局で許家元七段が白番中押し勝ちを収め、3勝0敗で碁聖を奪取したらしい。

      ここ数日、翻訳の作業で囲碁の話題に疎かった。

      井山はこれで6冠に後退(?)したが、プロ同士の戦いなので、負けることもあるよ。

      さて、私は薄給の翻訳の世界に戻ろう。

      JUGEMテーマ:囲碁



      | igoshogi | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - |



      人気ブログランキングへ
      にほんブログ村 その他趣味ブログ

      囲碁の各タイトル戦の進行状況
      0
        囲碁のタイトル戦の進行状況をまとめてみた(2018年7月27日時点)

        (2018年4月以降)
        本因坊戦 井山4−1山下(井山が防衛)
        碁聖戦  井山0−2余(進行中)
        名人戦  井山0−0張栩
        王座戦  井山vs[一力・村川・本木・許のいずれか]
        天元戦  井山vs[河野・山下・許・平田のいずれか]

        (2019年)
        棋聖戦  井山vs???
        十段戦  井山vs???


        井山vs余の第3局は、8月3日に行われる予定。余がビッグチャンスを生かすことができるかどうか。

        JUGEMテーマ:囲碁



        | igoshogi | 04:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - |



        人気ブログランキングへ
        にほんブログ村 その他趣味ブログ

        囲碁・名人戦リーグは、張栩が7連勝して名人挑戦を決定。
        0
          日本棋院囲碁チャンネル(youtube)はこちらから。

          7月19日の対局で張栩が黄に白番中押し勝ちを収め、これでリーグ戦7連勝となり、名人挑戦を決めた。

          井山vs張栩の番勝負は久しぶりのような気がする。2013年の棋聖戦以来か?(井山4−2張栩)

          ひょっとしてこれが両者の最後の番勝負かもしれないので、時間に余裕がある限り、視聴したい。

          ところで。

          先ほどyoutubeで対局風景を見たのだが、将棋と違って囲碁の投了って、「しぐさがあいまい」な気がする。

          将棋の場合は「負けました」と言って一礼するのだが、囲碁の場合は、アゲハマを盤上において、投了の意志を示す風景を結構見る。視聴者からすると、「??これ、投了なの?」と思うこともある。

          長年の習慣なのか、それとも投了の所作は棋士個々人に任されているのか。将棋と比べるとちょっと・・・と思うのは私だけだろうか?

          張栩の著書
          勝利は10% から積み上げる

          井山の著書
          井山裕太 七冠再び―前人未到のさらに先へ

          JUGEMテーマ:囲碁

          | igoshogi | 00:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - |



          人気ブログランキングへ
          にほんブログ村 その他趣味ブログ

          囲碁の定石:この形は互角かそれとも・・・(一間高ガカリの一間ばさみ)
          0
            ↓下の図をご覧いただきたい。隅の折衝が一段落したところである。白が△と打ったところである。


            この図は基本定石事典〈上巻〉小目の部の409ページから掲載したものである。

            小目の一間高ガカリの一間ばさみの定石の1つである。

            本書の解説によると「黒の実利と互角のワカレとされる」らしい。

            実際はどうなんだろう?右上の黒地は15目+アルファといったところか。白の勢力はそれに匹敵するようなものなのだろうか?

            下方の状況によるのだろうが・・・。

            ↓あくまで将来の話であるが・・・
            定石の続き
            ↑白1(あるいは白A)と利かす権利がある。ということは、この白本体も厚いし、下方における白の発言権はなかなか強いと言うことがいえる。

            白の勢力と黒の実利。

            私が若い頃だったら「黒≧白」の判断なのだが、今だと「白≧黒」としたい。

            もっとも、強い人から見たら別の判断になるのだろう。


            JUGEMテーマ:囲碁

            | igoshogi | 05:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

            Calendar

               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << August 2018 >>

            Category

            アクセスカウンター



            Entry

            Link

            archives

            Profile

            Search

            Comment

            Feed

            Others

            無料ブログ作成サービス JUGEM

            PR

            Mobile

            qrcode