Page: 1/86   >>

スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - | - |

    『基本定石事典 上巻 小目の部』について
    0
      評価:
      高尾 紳路
      日本棋院
      ¥ 2,592
      (2010-02-01)
      コメント:手元にあると、なかなか心強いです。

      先月、『基本定石事典 上巻 小目の部』(日本棋院)を購入した。

      500ページあまりの本で、小目の定石ばかりが載っている。

      昔の定石書とは違って、かなり新しい打ち方が載っている。

      一間高ガカリの定石(特に一間ばさみや大ナダレ)や二間高ガカリの定石に関しては、特にその印象を強くする。

      この定石書の出版年は2010年となっている。

      AIが飛躍的に強くなって、今後は隅の打ち方も更に多種多様性を増すだろう。

      10年後、20年後に出される定石書は、どのようなものになるだろうか?

      JUGEMテーマ:囲碁



      | igoshogi | 00:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

      囲碁・隅の死活+サッカーワールドカップの組み合わせについて
      0
        ↓この図をご覧いただきたい。隅の死活の問題で、白番である。

        【問題図】白が生きるのは難しくないのだが、どれが一番得な生き方か?
        12月2日死活問題図

        【参考図1:実戦なら私なら・・・】
        12月2日死活 参考1
        ↑私が実戦で打つなら、白1と打ってしまいそう。
        これで白は生きているのだが、黒2,白3となると、白地は4目である。

        【参考図2:これは少しまずい】
        12月2日 死活参考2
        ↑白1と精一杯に大きく生きたいのだが、これだと黒2から黒4と打たれる。
        これでも白は生きているのだが、「セキ生き」でゼロ目になってしまう。

        【正解図:これなら5目の生き】
        12月2日 死活正解
        ↑白1と打つのが正解。黒2と打たれても、このままで5目の生きである。

        ところで。

        サッカー・ワールドカップの組み合わせが決まったようだ。

        日本の対戦相手はポーランド・コロンビア・セネガルの3つの代表である。

        どこと当たっても、日本にとっては容易ならざるチームばかりなので、特に強い印象はない。

        あえて言えば、ドイツやブラジルと当たらなくて良かったな、くらいが私の感想である。

        少しでも日本が良い結果を出すことを祈るだけである。

        JUGEMテーマ:囲碁

        | igoshogi | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

        囲碁・第36期女流本因坊戦五番勝負最終局の結果
        0
          11月29日に、東京・日本棋院にて第36期女流本因坊戦第5局(藤沢vs謝)が行われ、謝挑戦者が黒番8目半勝ちを収め、通算3勝2敗でタイトルを奪還した。

          女流本因坊戦サイトはこちら

          白石六段ブログの関連記事はこちら

          高尾九段のブログの関連記事はこちら


          序盤は白(藤沢)が少し打ちやすそうかなと思っていたのだが、右辺黒の動き出しから黒(謝)が腕力を発揮、最後は左辺コウ争いで勝負を決めた。

          プロの碁なので、私には内容を良く理解することは出来ないが、それでも並べていて楽しい一局だった。

          JUGEMテーマ:囲碁



          | igoshogi | 03:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

          囲碁・天元戦五番勝負は井山が3連勝して防衛。一力、12月まで持ちこたえられず。
          0
            囲碁・第43期天元戦五番勝負第3局が11月24日に福岡県飯塚市で行われ、井山天元が171手までで黒番中押し勝ちを収めた。

            ↓これが投了図(黒△まで)である。
            天元3

            左辺白一団は恐らく全滅している。

            左上白一団は、もう一手備えが必要であろう。

            右上黒一団は、全滅はなさそう。

            右上黒一団も、全滅はなさそう。

            ということは、地合で黒がかなり優勢なので、白が投了するのも無理はない。

            これで、王座戦に続き天元戦でも井山が一力に3連勝して防衛達成である。

            私はどちらのひいきというわけではないが、一力にはせめて12月までは持ちこたえてほしかった。

            棋聖戦での一力の健闘を大いに望みたい。

            天元戦中継サイトはこちら。

            JUGEMテーマ:囲碁



            | igoshogi | 04:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

            囲碁・杉内雅男九段が死去、97歳。
            0
              2017年11月21日、杉内雅男九段が肺炎で死去した。97歳。

              記事によると、11月2日の対局(vs小山栄美六段戦)が最後の対局ということだから、頭脳の方は死ぬ直前までしっかりしていたということだろう。すごいことだ。

              棋士としても、一人の老人としても達人であった。合掌。

              JUGEMテーマ:囲碁



              | igoshogi | 01:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

              Calendar

                  123
              45678910
              11121314151617
              18192021222324
              25262728   
              << February 2018 >>

              Category

              アクセスカウンター







              人気ブログランキングへ
              にほんブログ村 その他趣味ブログ

              Entry

              Link

              archives

              Profile

              Search

              Comment

              Feed

              Others

              無料ブログ作成サービス JUGEM

              PR

              Mobile

              qrcode